比較サイト~新宿の貸事務所物件情報を探そう~

トップページ > 新宿の貸事務所について > 内見時には共有部分の清潔さをチェックする

内見時には共有部分の清潔さをチェックする

 賃貸オフィスを借りるときの内見のときには共有部分のチェックを行います。内見時にはオフィス内ばかり見てしまいますが、共有部分はオフィス内よりも時間を掛けてチェックします。
 初めてオフィスを選ぶときには共有部分は必ずチェックしておきたい場所です。共有部分はエントランスや廊下、エレベーター、階段やベランダ、配管、給湯室やトイレ空調などいろいろありますが、清潔さは一番のチェックポイントです。


 廊下やエレベーター、階段や非常口、トイレや給湯室などビル全体が清潔で当然という意識でチェックを行います。
 床は磨かれているか、床材や壁は剥がれていないかなどから、扉の裏側など普段は気にしないところで内見のときには確認しておくことがおすすめです。
 正装はビル管理の基本ですので細かすぎるぐらいのチェックでちょうどよいくらいです。清潔でない賃貸オフィスビルは管理もずさんと判断することができます。
 廊下が汚れていたり、エレベーター内にゴミが落ちているビルは管理が適切に行われているとは考えにくいと判断しても過言ではありません。
 ゴミ収集場の状態からも管理状態をチェックすることができます。一般的にはビルから出るゴミは事業系ゴミとして一般家庭のゴミ収集とはルールが異なり、ゴミごとまたは事業者ごとに処理業者に収集を委託します。
 分別方法や収集の頻度、タイミングなども確認しておきます。起業や開業時から自宅を事務所にしていて、はじめて賃貸オフィスを借りる起業家は家庭ごみと事業系ゴミの区別が必要になりますので注意します。
 共有部分をチェックするときにはビルとしての使い勝手も確認しておくポイントになります。廊下の幅、エントランスからオフィスまでの行き方、エレベーターホールの広さで、中でもエレベーターは重要なチェックポイントになります。
 一定以上の規模のオフィスビルはエレベーターのサイズや数、複数ある場合には運行状態のチェックも必要です。エレベーターが適切に動いていないと出勤時間など待ち時間が長くなります。


 内見するときには細部までチェックすることは大切です。特に共有部分は使わない場所と感じてもしっかりとチェックし、疑問がある場合には必ず確認します。
 毎月の賃料とは別に共益費も請求されますが、共有部分の管理にも使われます。入居する側として適切に管理される権利は借りる側にあります。
 細部までチェックして口うるさいと感じられても、適切な要望を伝えることによって自然と良い物件を紹介してもらえるようになります。